古田敦也 メガネに関するニュース

野球解説者/古田敦也氏、ターンテーブルの上で10回転。アイメトリクスの新製品「Corinth」を装用し、プロモーション撮影。

PR TIMES / 2014年05月19日10時21分

世界で唯一の計測系オーダーメイドメガネを製造販売する株式会社アイメトリクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区)は、新製品のイメージキャラクターとして、プロ野球選手時代より同社製品を愛用し続けている古田敦也氏を起用。 3月31日にアイメトリクスの新製品「Corinth」のスチール撮影が行われ、同時に2014年8月にリリース予定(同社HP上、全国取扱店での店頭プロ [全文を読む]

野球解説者/古田敦也氏のアイメトリクス新作CM 8月からオンエア開始

PR TIMES / 2014年07月31日10時14分

【完成品価格】フレーム+レンズ 一式45,000円~(税別) 【取扱い店舗】アイメーター設置のイワキメガネ・全国の特約店140店 (取扱い店舗詳細はこちらhttp://www.eyemetrics.co.jp/store) <お問い合わせ先> 株式会社アイメトリクス・ジャパン http://www.eyemetrics.co.jp/ 電話 03-3780 [全文を読む]

弱いのか? 強いのか? ヤクルトスワローズに脈々と流れる“系譜”を訪ねる旅

日刊SPA! / 2017年06月23日15時51分

また、「メガネを掛けた捕手」として90年代の黄金期を牽引した古田敦也が、ドラフト時に「メガネの捕手は大成しない」と当時の野村克也監督らに烙印を押されるきっかけを作り、その後定説となった、と長谷川氏が考えていた「メガネの捕手の先輩」八重樫幸雄氏に会いに行く描写も秀逸だ。 80年代の低迷期の捕手・八重樫が晩年、代打で登場するたびに、「古田に謝れ」と心のなかで [全文を読む]

古田敦也、容赦なさすぎの試合解説が波紋 舌打ち連発、選手を酷評

Business Journal / 2015年11月14日06時00分

しかし、一部のファンの間では勝利よりも、解説の古田敦也の一言が「冷たすぎる」と話題になっている。 「キャッチャーの嶋基宏(東北楽天ゴールデンイーグルス)に代わって炭谷銀仁朗(埼玉西武ライオンズ)が初打席を迎えた6回裏。無死一塁の最低でも走者を送らなければいけない場面で、炭谷は外角スライダーを打たされて併殺になってしまいました。その時、古田は大きなため息と共 [全文を読む]

東京ヤクルトスワローズ「9つの系譜」で読み解く、愛すべき“ファミリー球団”

週プレNEWS / 2017年05月31日11時00分

今作では「背番号1」「歴代エース」「国鉄戦士」「ファミリー球団」など9つの系譜から、スワローズ史を圧倒的な熱量、取材量で書き下ろした ■『いつも、気づけば神宮に~東京ヤクルトスワローズ「9つの系譜」』(集英社 1944円)好評発売中! [全文を読む]

フォーカス