今野敏 隠蔽捜査に関するニュース

【今野敏】が電子書籍を個人出版 安積班シリーズ特別短編をBOOK☆WALKERにて

PR TIMES / 2016年10月13日16時39分

期間限定コイン30倍で配信開始! 作家「今野敏(こんの びん)」氏が、著書<安積班シリーズ特別短編『課長室/初任教養』>を電子書籍化し、株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)が運営する総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」にて、出版社を介さない個人出版にて2016年10月14日(金)0時より配信を開始いたします。こ [全文を読む]

【TBSオンデマンド】月曜ミステリーシアター「隠蔽捜査」大好評見逃し配信中!!

PR TIMES / 2014年01月16日15時14分

今野敏原作の大ヒットシリーズを、杉本哲太・古田新太W主演でドラマ化!TBSテレビの動画配信サービス「TBSオンデマンド」では、1月15日(水)よる9:00より、月曜ミステリーシアター「隠蔽捜査」の見逃し配信を開始しました。今野敏原作の大ヒットシリーズを、杉本哲太・古田新太W主演でドラマ化。警察内の権力闘争や人間関係を多彩なキャストで描く異色の警察ミステリー [全文を読む]

作家・今野敏自らプロデュースした楽曲付きの小説をApp Storeで定期的に配信! ドラマ『ハンチョウ』の原作などを手掛ける人気作家の新たな挑戦。

PR TIMES / 2012年06月22日19時32分

株式会社グリオ(本社:東京都世田谷区)は、ドラマ『ハンチョウ』の原作などを手掛ける人気作家・今野敏の電子書籍『今野敏作品集』を2012年6月22日よりiPad/iPhone/iPod touch向け電子書籍アプリケーションとしてApp Storeにて提供を開始しました。著者自らがプロデュースした楽曲付きの小説をアプリケーション内で定期的に配信していきます。 [全文を読む]

話題の推理作家が登壇 江戸川乱歩賞60周年プレミアムイベント 『今野敏×薬丸岳×下村敦史 江戸川乱歩賞60周年記念トークショー』開催 抽選で100名を無料で招待!

PR TIMES / 2014年08月07日15時55分

-書籍 通販 電子書籍のハイブリッド書店サービス「honto」- ハイブリッド書店サービス「honto(ホント)」を運営する大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトは共同で、江戸川乱歩賞60周年を記念したプレミアムイベント『今野敏×薬丸岳×下村敦史 江戸川乱歩賞60周年記念トークショー』を2014年9月6日(土)にコミュニケーショ [全文を読む]

TBS『隠蔽捜査』半沢手法にあまちゃん俳優起用も数字は似ず

NEWSポストセブン / 2014年01月20日16時00分

杉本哲太と古田新太という昨年『あまちゃん』の脇を固めたコンビがダブル主演するTBS系ドラマ『隠蔽捜査』(原作・今野敏)がスタートした。通常の警察ドラマは現場の刑事の奮闘が描かれることが多いが、同作は高級官僚であるキャリア組が組織の不条理と闘う物語だ。 この『隠蔽捜査』に対し、昨年大ヒットした『半沢直樹』をかなり意識しているとの“疑惑”が浮上している。放送を [全文を読む]

ユースケが“日本一不運な刑事”に!「碓氷弘一シリーズ」ドラマ化

Smartザテレビジョン / 2017年03月07日05時00分

警察小説の第一人者・今野敏の人気シリーズ「碓氷弘一シリーズ」が、ユースケ・サンタマリア主演で初めて映像化されることが判明。4月9日(日)夜9時より、ドラマスペシャル「警部補・碓氷弘一 ~殺しのエチュード~」(テレビ朝日系)と題して放送される。別居中の妻子を呼び戻すため、自らの希望で多忙な捜査一課から総務部・装備課へと異動した警部補・碓氷弘一。そんな主人公・ [全文を読む]

ヤクザが主役の異色作! 今野敏「任侠」シリーズの阿岐本組、今度は傾きかけた病院の再建に挑む

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月06日06時30分

今野敏は30年以上に渡るキャリアのなかで、様々な小説シリーズを世に送り出してきた作家である。代表的なのは刑事達の姿を群像劇で描く「安積班」や、キャリア警察官を主人公に配した「隠蔽捜査」などの警察小説シリーズだろう。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら しかし今野には警察とは水と油の存在、すなわちヤクザが主役を務める異色のシリーズがある。それが「任侠」 [全文を読む]

「スクープ」シリーズ最新作! 独自の嗅覚で事件を追う刑事と記者の絆

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月05日06時30分

今野敏氏の『クローズ・アップ』(集英社)は、警視庁本部捜査1課・特命捜査対策室の黒田祐介を主人公とする「スクープ」シリーズの最新作。今野氏といえば、ドラマ化もされた「隠蔽捜査』シリーズなどの警察小説が有名だが、本小説は警察とマスコミ、2つの立場からある事件を捉える。真摯に真実を追う両者の姿は、「スクープ」シリーズ前2作を読んでいなくとも、惹き付けられること [全文を読む]

社会正義か会社の利益か──思惑が交差する社会派ドラマ

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月06日08時00分

この問題は現実社会にも多く見受けられるし、今野敏『隠蔽捜査』(新潮社)や伊兼源太郎『事故調』(KADOKAWA)など同様のモチーフを扱った小説も多い。そんな中で著者が製薬会社というモチーフを選んだのは、人命という最大の被害が出ることももちろんだが、本書の結末のような落としどころが可能という理由もあったのではないか。その落としどころが何かは本書を読んで確か [全文を読む]

事件は書店で起きている!? 警察小説、人気の秘密とは

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月19日11時50分

06年版の『隠蔽捜査』でコンスタントに作品を発表する今野敏がランクイン。翌年には佐々木譲が『制服捜査』で2位に食い込み、08年版で『警官の血』が1位を奪取。最新の13年版でも横山秀夫『64』が堂々のトップに輝いた。シリーズ物が多いのも特徴で、誉田哲也の「姫川玲子」シリーズは累計200万部を突破。映画化もされた。70年代から途切れることなく刑事ドラマがTV [全文を読む]

フォーカス