漫画家 内田春菊に関するニュース

衣料素材としての『和紙』に出会い、未来を纏う。和紙のテキスタイルとプロダクト展、開催

FASHION HEADLINE / 2015年12月16日12時00分

さらに、和紙が糸となり布になるまでの技術やドラマを、漫画家・内田春菊がイラストレーションで楽しく、わかりやすく描く。 「住まうための素材」から「着るための素材」として洋服 生地への応用・研究が進められる『和紙』。本展示でその心地よさや肌触りを体験しながら、和紙糸と和紙プロダクトの未来を感じたい。 【イベント情報】 WASHINOITO -未来を着る、浜井弘 [全文を読む]

赤塚不二夫さん 看護師を「君は最後の女性」と口説いていた

NEWSポストセブン / 2013年05月21日16時01分

「幾つになっても、恋をするのはいいことだと思います」と言うのは漫画家でエッセイストの内田春菊氏(53)だ。恋愛やそれに似た環境に身を置くことで、新たなエネルギーも生まれてくるかもしれない。 「知り合いの年配の男性作家の事務所は、マネージャーはじめ、スタッフが若くてキレイな女性だらけ。彼女たちから刺激を受けるから、いつも若々しいんだろうなと思います」 内田 [全文を読む]

「でんこちゃん」リストラ 作者・内田春菊氏は知らなかった

NEWSポストセブン / 2012年02月27日16時00分

でんこちゃんの作者は、『南くんの恋人』などの代表作がある漫画家・内田春菊氏。本誌取材時、内田氏にはまだ打ち切りの話は伝わっていなかった。 「そうなんですか……。とても寂しい気持ちですね。昨夏、東電さんと広告代理店の担当の方がいらして、“しばらく自粛するが、もう一度(でんこちゃんの作画を)お願いする時が来た時のために、そのまま待っていてほしい”といわれまし [全文を読む]

佐々木希さんも大好物?秋田名物「いぶりがっこ」のお洒落な食べ方

アサジョ / 2017年02月09日18時14分

ちなみに漫画家・作家の内田春菊さんは、なんとクリームチーズを乗せていただいていました。ホムパやお酒の新しいおつまみとしておすすめですよ! [全文を読む]

作家、ミュージシャン、翻訳家、弁護士など、総勢40人が綴る「言葉のチカラ」

PR TIMES / 2015年07月10日18時24分

▼40周年記念サイト「言葉のチカラ」http://www.fellow-academy.com/fellow/pages/anniversary/index.jsp[画像: http://prtimes.jp/i/5373/9/resize/d5373-9-482782-0.jpg ]■エッセイ執筆者一覧角田光代(作家) / Mummy-D(ラッパー) / [全文を読む]

風俗嬢を褒めたりけなしたりする男たち――アダルト雑誌の女性ライターが訴える、男の価値観への疑問

ウートピ / 2015年03月18日20時00分

実際にエロ本でルポ漫画家になったのは25歳で、女子アナのパンチラを激撮! みたいなお宝雑誌とか、コンビニ誌をメインに仕事をしていました。大泉さんは、その頃、なにしてました?大泉:わたしは大学出て、すぐに風俗情報サイトを作る編プロに入って、労働条件があまりに悪かったので半年で辞めて、その後は某出版社に嘱託で入って、そこで真面目に働きつつ、ロフトプラスワンでS [全文を読む]

でんこちゃん復帰の理由 「彼女に頼るしかない」と東電広報

NEWSポストセブン / 2014年10月20日07時00分

本誌はその第一報を報じ(2012年3月9日号)、理由が「コスト削減」(同社広報部)であることや、生みの親である漫画家・内田春菊氏の悲しみの声を取り上げた。 でんこちゃんは1988年、東電のパンフレットに初登場。その後はテレビCMにも進出し、省エネや安全マナーの“啓発担当社員”として活躍した。その人気は高く、グッズ専門店「でんこちゃんショップ」が作られるほど [全文を読む]

塩谷瞬騒動に「イケメンは罪が重くなる。男の嫉妬恐ろしい」

NEWSポストセブン / 2012年05月14日07時00分

漫画家・内田春菊氏は自らも二股経験者と明かし、塩谷に対して同情を寄せる。 「私の場合、付き合っている相手に不誠実さを感じたり、辛い目にあったりした時に、別に優しくしてくれる人が現われると、その人のことが好きになってしまうことが多かった。自分なりに悩んでその理由を分析してみると、親に愛されなかったという生い立ちから、誰もいなくなるのが怖かったんです。親のと [全文を読む]

フォーカス