秋本治 こち亀に関するニュース

社畜も拍手!こち亀作者・秋本治さん「無遅刻無欠勤有休ゼロ」で40年

しらべぇ / 2016年09月04日11時00分

漫画家・秋本治さんの作品で、連載誌は「週刊少年ジャンプ」(集英社)。連載は1976(昭和51)年にスタートし、少年誌の最長連載としてギネス記録を持つ。スタート当時、秋本さんは23歳。当初は「山止たつひこ」のペンネームを名乗った。1974(昭和49)年から「週刊少年チャンピオン」に連載が始まりヒットを見せていたギャグ作品「がきデカ」の著作者・山上たつひこさん [全文を読む]

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」連載40周年を記念しテレビスペシャル15作品(※HDリマスター版)を一挙に放送!

PR TIMES / 2016年05月31日16時18分

[画像1: http://prtimes.jp/i/3633/159/resize/d3633-159-844915-8.jpg ](C)秋本治・アトリエびーだま/集英社・ADK[画像2: http://prtimes.jp/i/3633/159/resize/d3633-159-190503-7.jpg ]特別番組「祝☆こち亀連載40周年!両さんと行く! [全文を読む]

『こち亀』ジャンプコミックス200巻記念!集英社「本屋さんアプリ」×亀有地区商店協議会による「こち亀スタンプラリー」を9月17日よりスタート!

PR TIMES / 2016年09月16日13時36分

株式会社集英社(本社・東京都千代田区)は連載40周年を迎える『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(作者:秋本治)のジャンプコミックス200巻発売を記念し、亀有地区商店協議会の協力のもと「本屋さんアプリ~本屋へGO!~」にて『こち亀スタンプラリー』を、200巻発売日と同日の9月17日(土)から開始します。[画像1: http://prtimes.jp/i/215 [全文を読む]

「こち亀ってほんま凄いよな」「秋本治はタイムトラベラーだな」1982年に両さんが予言したことが現実に!!

おたぽる / 2016年06月13日13時00分

1982年に、同作の主人公・両津勘吉が語った夢が、「現実がギャグ漫画の世界と同じになってる…」「こち亀ってほんま凄いよな」「秋本治の先見性はガチ」と、今になって話題を集めている。 今回話題となっているのは、1982年に発売された『ジャンプ』に掲載された「アンコール雪之城の巻」で飛び出した発言(コミックス28巻収録)。どのようなエピソードかというと、ボーナス [全文を読む]

秋本治新連載『BLACK TIGER』に絶賛の声「これが秋本先生の本気か…」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月25日18時00分

秋本治の新作『BLACK TIGER ブラックティガー』が2016年12月21日(水)発売の『グランドジャンプ』で連載を開始した。『こち亀』とは一線を画すガンアクションに「ガチガチのバトル漫画だけど面白い! 秋本先生こういうのも得意なんだ!」「これが秋本先生の本気か…」と絶賛の声が相次いでいる。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 『BLACK T [全文を読む]

ファン必携!神田明神に奉納された「こち亀絵巻」のミニチュア付き 『こちら葛飾区亀有公園前派出所∞巻』発売

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月06日18時00分

2016年9月3日(土)には、著者・秋本治の描きおろした8メートルを超える「こち亀絵巻」が、神宝として神田明神に奉納された。この絵巻のミニチュアと、絵巻にまつわる漫画・製作秘話・インタビューなどを収録した解説本の豪華セット『こちら葛飾区亀有公園前派出所∞巻』(以下『∞巻』)が11月4日(金)に発売された。 奉納された絵巻には、両さんが生まれた戦後の浅草から [全文を読む]

ついに完結!「秋本治・こち亀」40年秘話を漫画界の重鎮が語り尽くす!(2)「人間の鑑みたいな人です」

アサ芸プラス / 2016年09月17日17時54分

「最初のペンネームを見た時は、ちょっといいかげんな人だなぁと、思ってしまいました(笑)」 当初、秋本治氏は「山止たつひこ」というペンネームだった。「がきデカ」の作者・山上たつひこ氏をもじったものである。山上氏本人からクレームが出たこともあり、100話目で現在の名前に。著書で秋本氏も、〈山上たつひこ先生に本当に申し訳ないことをした〉〈若気の至りとはこのために [全文を読む]

アニマックス こちら葛飾区亀有公園前派出所祭り 「こち亀」TVスペシャル7週に渡り11作品放送 ナビ番組MCに両津勘吉役ラサール石井さん、フリーアナウンサー杉崎美香さんが登場 6月2日~毎週土曜放送

PR TIMES / 2012年04月27日09時20分

(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社・ADK ■企画名称:こちら葛飾区亀有公園前派出所祭り ■放送局名:アニマックス ■放送日時:2012年6月2日(土)~7月14日(土) ■放送情報: TVシリーズ(#151~250) 6/13(水)スタート 毎週月曜~金曜 夕方4:30~5:00 リピート:深夜0:00~0:30、午前 9:30~10:00 ■TV [全文を読む]

【トリビア】ジャンプ漫画「こち亀」の知られざるトリビア11連発!

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年08月11日06時00分

『こち亀』の愛称で親しまれている秋本治先生による人気マンガ作品『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。1976年に週刊少年ジャンプで連載がスタートし、今年で連載開始40周年。今なお週刊連載が続いているという驚異的な作品なのです。 しかも単行本は2016年7月末時点でなんと199巻まで発売され、年内には200巻に到達する見込み! これはとんでもない記録ですね! こ [全文を読む]

『こち亀』秋本治、制作中の新作4作品は全て女性が主人公! ファンは「休まなくていいの!?」と驚愕

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月23日06時30分

2016年9月17日(土)に発売された『週刊少年ジャンプ』42号で40年にわたる連載を終了した、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の作者・秋本治が、新作を続々制作中という事が同誌で発表され、「秋本すごすぎ!」「早く読みてえーー!」と話題になっている。 こち亀最終話が掲載された同誌では「みんなのこち亀」と題し、『僕のヒーローアカデミア』の堀越耕平や『トリコ』の [全文を読む]

『こち亀』連載40周年! 「こち亀展」9月に開催決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月23日17時30分

『週刊少年ジャンプ』1976年42号(1976年9月21日発売)連載開始より、1度の休載もなく連載が続く秋本治の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。亀有公園前派出所に勤務する主人公・両津勘吉や、同僚を中心に個性豊かなキャラクターが数多く登場するギャグマンガで、TVアニメ、TVドラマ、劇場版アニメ、劇場版実写映画、舞台、ゲームなど、さまざまなメディアで展開さ [全文を読む]

「神々の共演やぁ」 『こち亀』の40周年パーティーに大物漫画家が勢揃い

ガジェット通信 / 2016年10月25日11時55分

その次のツイートでは、秋本治先生と一緒に写っている写真もアップされる。 なんとも錚々たる大物漫画家の面々、たちまち拡散され話題に。 「すげええええ!大物ぞろいじゃないですか!」 「神々の共演やぁ」 「豪華すぎます!」 「このまま新雑誌作ってほしい」 といった返信が寄せられる中、冨樫先生に対して「休載中の『HUNTER×HUNTER』の続きを早く……」という [全文を読む]

連載40年間のグランドフィナーレ! 『こち亀』最終話掲載の週刊少年ジャンプとコミックス200巻発売!

ガジェット通信 / 2016年09月17日17時30分

9月17日、40年間にわたって連載されていた秋本治先生の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(通称『こち亀』)の最終回が掲載された「週刊少年ジャンプ」の42号が発売となった。最終話が掲載された200巻も同日発売という異例のスケジュール。 巻頭より全連載作家が書き下ろした両さんの見開きをはじめ、ポスターや特集記事があり、そして最終話が掲載されている。最終話のオチ [全文を読む]

「『こち亀』を終了させるとは驚いた」 小林よしのりさんが同期の秋本治さんにメッセージ

ガジェット通信 / 2016年09月04日22時10分

9月3日、週刊少年ジャンプの名物漫画である秋本治さんの『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(通称”こち亀”)の連載終了が発表された。40年間にわたって連載されてきた人気作品とあって、多くの人が同作の思い出について語っていた。 9月4日、漫画家の小林よしのりさんは自身のブログを更新し 「こち亀」終了で新たな挑戦に期待 http://yoshinori-kobay [全文を読む]

指原莉乃 こち亀秋本治氏との共演にテンションMAX

dwango.jp news / 2016年09月04日11時41分

9月4日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ)は突然の連載終了発表で話題のこち亀こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」作者である秋本治先生とHKT48指原莉乃の出演ということで放送前からその化学反応に期待や不安の声が。 放送開始から秋本治先生が自らの口で連載終了の挨拶を行うと、スタジオは騒然。指原も「兄が大ファンで、初めて読んだマンガがこち亀だったので」とそ [全文を読む]

こち亀展~こちら東区テレピアホール派出所

PR TIMES / 2017年04月19日11時13分

連載40周年&コミックス200巻記念ゴールデンウィークの特別企画!4月29日(土)~5月7日(日)の9日間、各日、展覧会に入場された方先着1000名様に、名古屋会場オリジナルコミックス200巻カバーをプレゼント![画像1: https://prtimes.jp/i/12860/36/resize/d12860-36-212478-7.jpg ]展覧会内容日 [全文を読む]

声優・戸松遥のビキニグラビア&『こち亀』秋本治の新連載作が掲載! 「週刊ヤングジャンプ」第10号緊急レポート!!

おたぽる / 2017年02月02日23時00分

2月2日に発売された「週刊ヤングジャンプ」第10号(集英社)は、声優・戸松遥のちょっとセクシーなグラビア、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載を終えた秋本治の「四誌新連載」の第2弾作品『ファインダー -京都女学院物語―』の第1話掲載と、やたらと話題豊富。そこで、気になるその内容を紹介してみようと思う。 まずは巻末に掲載された戸松遥のグラビアから。発売前か [全文を読む]

『こち亀』連載終了からわずか3カ月!! 連載4作品を発表した秋本治に驚き&称賛の声「この意欲、マジリスペクトっす!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月10日18時00分

2016年9月に40年間続いた長寿漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下、『こち亀』)に幕を下ろした漫画家・秋本治。その余韻も冷めぬうちに、なんと集英社の4つの漫画誌で12月から不定期連載を始めると発表。これには「えぇぇぇ~! どんだけ働くんですか! さすがです」と賞賛の声が上がっている。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ まず1作目は、20 [全文を読む]

「俺が漫画界で一番『こち亀』を愛しているのに!」でおなじみの木多康昭、『こち亀』連載終了に何を語った?

おたぽる / 2016年10月03日20時00分

」と題されているものの、麻生の『こち亀』愛、そしてギャグマンガの大先輩である秋本治への尊敬を感じる一作となっている。 そんな『こち亀』愛を持つ作家についてだが、ライバル誌にその愛が有り余る(?)作家がいるのはご存知だろうか。本稿は“「ジャンプ」レビュー”なのだが、今週は「ヤングマガジン」(講談社)に注目したい。 今号の「ジャンプ」と同日に発売された「ヤング [全文を読む]

「こち亀」最終回であの有名漫画家のコメントにネット民がブーイング!

アサ芸プラス / 2016年09月26日17時58分

「『おぼっちゃまくん』で一躍有名人となった人気漫画家・小林よしのりが、こち亀の作者、秋本治に対し、『わしがウサギで秋本がカメかと思っていた』『お互い頑張ろう』などと自身のブログでエールを送ったんです。しかし、これを見たネットユーザーが憤慨。『何で秋本先生に対して上から目線なの?』『同期でも漫画家としての格が違うのに』などとネット上に言いたい放題の書き込みが [全文を読む]

フォーカス