毛利小五郎 神谷明に関するニュース

【エンタがビタミン♪】神谷明が歌う“サル、ゴリラ、チンパンジー”の完全版? 『どうぶつほんねマーチ』に反響。「声の仕事って、素晴らしい」

TechinsightJapan / 2014年10月02日12時50分

神谷明はアニメ『バビル2世』や『キン肉マン』、『北斗の拳』、『シティーハンター』での主人公をはじめ、『うる星やつら』の面堂終太郎、『名探偵コナン』の毛利小五郎役(2009年9月まで)など幅広く活躍しており、誰もがどこかで彼の声を耳にしたことがあるはずだ。 その彼が9月30日に『神谷明オフィシャルブログ「神谷明の屁の突っ張りはいらんですよ!!」』で、「楽し [全文を読む]

興行40億突破も…『ドラえもん』はまだ大山のぶ代のイメージ?

しらべぇ / 2016年05月11日21時00分

(3)毛利小五郎(神谷明→小山力也)番組開始から13年にわたり大御所の神谷明が声優を担当したが、2009年に突然降板し小山力也に交代。神谷がブログで「毛利小五郎役を解かれた」と発言したうえで理由について沈黙したため、多数の憶測が飛びかう結果に。小山力也の評判も悪くはないが、やはり「神谷明のほうがよかった」という声は存在する。理由はさまざまだが、偉大な声優の [全文を読む]

心は子どもで体は大人! ついに最大の秘密が明かされた『トッキュウジャー』第32駅

おたぽる / 2014年10月18日02時00分

まさか"心は子どもで体は大人"という字面にするとちょっと際どい『名探偵コナン』の別パターンだったとは、元毛利小五郎役の神谷明さんもビックリだ。 闇に抵抗力があるからって、勝手に大人の階段を昇らされてしまったシンデレラボーイズ&ガールズは、車掌さん(演:関根勤)の説明を聞いてもまだ納得がいかない模様。突然の解散告知は、このまま戦いを続けて成長してしまえば、元 [全文を読む]

声優業界評最悪!? 『サザエさん』二代目・波平役の茶風林、その“バッカモーン”な素顔

サイゾーウーマン / 2014年02月26日13時00分

年下や後輩には偉そうにするけれど、立場が上の人にはゴマをするんです」(同) 2009年、『名探偵コナン』の毛利小五郎役が、ベテランの神谷明から小山力也に交代。その際の、茶風林の態度の変わりぶりには、関係者誰もが驚かされたようだ。 「小山はもともと青年座という劇団出身の俳優で、『24』のジャック・バウアーの吹替えでブレイクしましたが、声優としての芸歴は茶風林 [全文を読む]

藍井エイル&春奈るな“TOYAKOマンガ・アニメフェスタ2013”に出演!

okmusic UP's / 2013年05月04日08時15分

4回目を迎える今年は、3月に行われたアメリカ・シアトルの大型アニメフェス“SAKURA-CON”で約6,000人の観客を沸かせた藍井エイルと春奈るなの他、声優の矢尾一樹(「ワンピース」フランキー、ボン・クレー、「機動戦士ガンダムZZ」ジュドー・アーシタなど)、金丸淳一(「シュガー・ラッシュ」ソニック・ザ・ヘッジホッグ、「きかんしゃ トーマス」ヘンリーなど) [全文を読む]

「次のオネエを探せ!」大御所声優・三ツ矢雄二のブレークに見るバラエティの人材難

日刊サイゾー / 2012年02月03日08時00分

「近年、声優の大御所・神谷明が契約上の問題で『名探偵コナン』の毛利小五郎役を解任されるという騒動があったように、声優さんの報酬は非常に低く、声優業のみで食っていけている人はごくわずかという厳しい現状があります。声優を集めたバラエティ番組やアニメ特集ばかりを頻繁に流すのは安直だとは思いますが、生活の向上、地位の向上のためにベテラン声優さんたちが露出を増やして [全文を読む]

フォーカス