天才 前田智徳に関するニュース

【プロ野球】野村弘樹、仁志敏久が語る「あの選手」がスゴかった!

デイリーニュースオンライン / 2016年06月10日16時05分

【問題1】 野村弘樹が「集中している時は隙を感じなかった」と絶賛するバッターは? 【選択肢】A:落合博満 B:鈴木尚典 C:前田智徳 【問題2】 仁志敏久が「バットの出方が天才だった」と賞するバッターは? 【選択肢】A:高橋由伸 B:古田敦也 C:今岡誠 【問題3】 野村弘樹が、ブルペンでの投球を見て「当たれば死ぬ」と思ったのは誰のストレート? 【選択肢 [全文を読む]

【プロ野球】阪神・西岡剛は戻れるか?アキレス腱断裂・負傷から復活した男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年07月25日17時05分

■前田智徳(広島) 1995年5月23日、西岡同様、一塁を駆け抜けようとしたそのとき、右アキレス腱を断裂してしまったのが広島の誇る「天才」前田智徳だ。 1996年は開幕から復帰し、2年ぶりに規定打席にも到達。同年から1999年まで、4年連続で打率3割以上をマーク。復活を印象づけたが、自身の思うようなバッティングには程遠く、この頃に口から出たのが「前田智徳 [全文を読む]

前田智徳氏、トークショー『男前田塾』に“カープ女子”大興奮

Entame Plex / 2014年03月15日23時05分

あのイチローも一目置くなど“孤高の天才打者”と評されることの多い前田氏だが、「僕を含めカープの先輩方も練習量でやってきたチーム。本当の天才は、誰も真似できない打ち方で成績を残す人だと思う」と持論を述べた。 最後に、引退を意識した時期については、2007年9月1日に2000本安打を達成した時だったと明かし、「鈴川をはじめ自分を支えてくれている人達の喜ぶ顔が [全文を読む]

達川光男氏 前田智徳を努力の天才と認めた日の出来事を語る

NEWSポストセブン / 2013年10月11日07時00分

一人は打撃の天才として球界にその名をとどろかせてきた広島の前田智徳。もう一人は、守備とリーダーシップで野球・日本代表としても活躍したヤクルトの宮本慎也である。両者とも、練習の虫で有名だった。 「まだ入団間もない頃かな。前田が巨人戦のあとの食事に遅れてきたことがあったんですよ。終わりかけの頃に来たので、僕は“何をしていたんだ”と叱ったんです。そうしたら前田は [全文を読む]

プロ野球「今季で引退」大物選手サヨナラ場外スクープ!(1) 前田智徳

アサ芸プラス / 2013年10月10日09時59分

「孤高の天才」前田智徳(42)がついにユニホームを脱いだ。ストイックに、そして寡黙に野球に取り組む姿勢は、「求道者」「侍」といった言葉で形容されてきた。 だが、スポーツ紙広島担当記者は「誤解されやすいが、ふだんは気さくで冗談が好きな男」と話す。前田のストイックさは、マスコミによって作られたイメージなのだという。 「広島ローカルの番組に出演すると非常に饒舌で [全文を読む]

12球団の「ヤング侍」汗と涙のブレイク秘話(1)

アサ芸プラス / 2012年10月02日10時59分

あの天才スラッガーも堂林に広島の未来を託している。 「前田智徳(41)はコーチの手前もあるのでおおっぴらに技術指導までは行いませんが、配球の考え方だったり、ホームランを打ってベンチに戻ってきた堂林に『どんな球を打ったんだ』と聞くなど、本当に気にかけている。時には『昔は入って3年で結果が出せなければ田舎に帰ったもんじゃ』と尻も叩いています。苑田聡彦スカウト部 [全文を読む]

フォーカス