漫画家 小池一夫に関するニュース

大反響の“うつ”体験者リポート漫画『うつヌケ』作者が語る「これだけ売れる状況も喜ばしいとは言えないなと…」

週プレNEWS / 2017年04月15日11時00分

手塚治虫や本宮ひろ志といった巨匠たちの絵柄を真似して下ネタ漫画を描く、パロディ漫画家・田中圭一。 そんな彼が“うつ”経験者の体験をリポートした漫画『うつヌケ―うつトンネルを抜けた人たち―』(KADOKAWA刊)が話題を呼んでいる。今年1月の発売から約3ヵ月で15万部突破、現在もその売り上げを伸ばし続けているのだ。 本書では、10年以上うつに苦しみ、「50歳 [全文を読む]

【コラム】漫画原作者小池一夫氏によるキャラクター論コラム「キャラクターマンPiP!(ピッピ)~全員集合!~セカンドシーズン」が連載開始!

DreamNews / 2016年11月10日15時00分

独自の創作理論「キャラクター原論」を教え、多くの漫画家、小説家、ゲームクリエイターを育てる。主な門下生としては、『うる星やつら』の高橋留美子、『北斗の拳』の原哲夫、『バキ』の板垣恵介、『サードガール』の西村しのぶ、『軍鶏』のたなか亜希夫など多数。ゲームでは『ドラゴンクエスト』の堀井雄二、『桃太郎電鉄』のさくまあきらなど。 2000年以降は学校教育でのクリエ [全文を読む]

「続編を思いつけたのは奇跡」脚本・虚淵玄が語る「魔法少女まどか☆マギカ」対談レポ

リッスンジャパン / 2012年02月06日13時00分

「小池一夫のニコニコキャラクター塾!」は漫画原作の巨匠である小池一夫氏が、様々な漫画家、クリエイターをゲストに迎えながら、持論の“キャラクター原論”をCGM時代に対応した“キャラクター新論”というかたちに発展させ、視聴者と共に考えていく対談番組。最初の話題は虚淵氏が脚本を手がけ、昨年大ヒットを記録したTVアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』(以下、『まどか』) [全文を読む]

うつは他人事じゃない…15万部超の漫画『うつヌケ』作者「経験してなかったら人間としてもっとイヤな奴だった」

週プレNEWS / 2017年04月16日15時00分

手塚治虫や本宮ひろ志といった巨匠たちの絵柄を真似して下ネタ漫画を描く、パロディ漫画家・田中圭一。 そんな彼が“うつ”経験者の体験をレポートした漫画『うつヌケ―うつトンネルを抜けた人たち―』が話題を呼んでいる。今年1月の発売から約3ヵ月で15万部突破、現在もその売り上げを伸ばし続けているのだ。 本書では、10年以上うつに苦しみ、「50歳で自殺」を考えたという [全文を読む]

『X』『NANA』『ハンター×ハンター』……Twitter「♯今でも続きが読みたい未完の漫画」が話題

ガジェット通信 / 2017年01月18日21時00分

(小池一夫) — 小池一夫 (@koikekazuo) 2017年1月18日 漫画家の小池一夫さんは「ちょっと意味合いは違うけど、内田善美さンの新作が読みたい。心から」と、現在活動しておらず、過去作品の多くが絶版扱いとなっている漫画家内田善美さんの名前を挙げている。 ※画像はTwitterより引用。 [全文を読む]

電子書籍ランキング.com、加藤鷹先生、ケンハラクマ先生、小池一夫先生、土山しげる先生、久松文雄先生のサイン色紙が当たる、プレゼントキャンペーン第二弾を実施

PR TIMES / 2015年12月11日16時10分

今回は元AV男優・作家の「加藤鷹先生」、ヨガ指導者の「ケンハラクマ先生」、漫画原作者・作家の「小池一夫先生」、漫画家の「土山しげる先生」「久松文雄先生」(50音順)計5名のサイン色紙を、抽選で各一名様にプレゼントいたします。また12月4日から開催しております、「叶精作先生」「平野敦士カール先生、」「本田健先生」「村生ミオ先生」「六田登先生」のサイン色紙プレ [全文を読む]

「日本のマンガ・アニメ・ゲームの未来を語る!」講演会・シンポジウムを6月23日(日)大阪にて開催

@Press / 2013年06月12日10時30分

■プログラム<第I部>9:30 開会 学園長 越田英喜9:45~10:45 記念講演テーマ:「杉井ギサブローアニメワールド」内容 :「杉井ギサブローのアニメ監督としての実績とアニメづくりの思想」講師 :杉井ギサブロー(アニメーション監督)10:50~12:30 シンポジウムテーマ :「世界のアニメの潮流」内容 :「日本のアニメは今後、どのように発展していく [全文を読む]

120%マジでお送りする、うつ病の実体と脱出方法を徹底レポートする漫画「うつヌケ」!! 最新回はAV業界の革命者・代々木忠監督が登場!!

PR TIMES / 2015年09月11日13時00分

作者は、命知らずのお下劣パロディで鳴らした漫画家・田中圭一。 今回代々木監督をレポートするにあたり、作者の田中圭一にその意気込みを語ってもらいました。 私、ずっと前から代々木監督のAVやら著書に深く心酔しておりました!「愛と心のあるセックス」というテーマを常に探求する代々木監督がなぜうつ病に罹り、どう脱出したのか、まさに興味津々でした。しかし、そこには思 [全文を読む]

シナリオライター・虚淵玄が明かす『まどか☆マギカ』ストーリーの発想法

ニコニコニュース / 2012年02月02日19時26分

「小池一夫のニコニコキャラクター塾!」は、作家で漫画原作者の小池一夫氏が、漫画家やクリエイターをゲストに迎え、新時代のキャラクター発想論を考えようという番組。 小池氏がかねてから称賛し、「虜になった」という『まどか☆マギカ』。小池氏は、漫画制作では初めにキャラクターを作り込むことを信条としているが、虚淵氏によれば、『まどか☆マギカ』はキャラクターよりむし [全文を読む]

小栗旬、綾野剛を育てた映画プロデューサー、山本又一郎が原点を語る

Forbes JAPAN / 2016年09月17日17時00分

当時、漫画家の小池一夫氏のマネジメントをしていて、彼の『子連れ狼』をハリウッドで映画化したいというオファーが舞い込んだので、交渉役としてアメリカに飛んだんです。その際、東宝のプロデューサー奥田喜久丸さんから「会ってきなさい」とアルバート・S・ラディを紹介された。ラディはのちの『ゴッドファーザー』のプロデューサーであり、当時は『ロンゲスト・ヤード』や『マチル [全文を読む]

累計発行部数6,300万部の人気格闘マンガ「刃牙」シリーズ 第二部「バキ」・最凶死刑囚編TVアニメ化決定!

@Press / 2016年12月01日10時00分

その後病による入院を期に自衛隊を除隊し、様々な職を経験しながら漫画家を志す。30歳のとき、漫画原作者・小池一夫の主催する劇画村塾に入塾し、「メイキャッパー」でデビューを果たし1991年、週刊少年チャンピオンに「グラップラー刃牙」の連載を開始。その後シリーズ第二部「バキ」、第三部「範馬刃牙」を経て、週刊少年チャンピオン2014年16号より第四部「刃牙道」を連 [全文を読む]

【インタビュー】『「常に更新しつづけていきたい」。マンガ家・井上紀良先生の マンガへの飽くなき挑戦』を公開

DreamNews / 2016年11月08日15時00分

10年たたないと一人前にはなれないということをきき、かねてからの夢だった漫画家を目指す。高知県に渡り、青柳裕介、間宮聖士のアシスタントを経験。1978年、「週刊少年キング」(少年画報社)に「パイナップル・ジョー」で本格デビュー。その後、ヤングジャンプ・第4回青年漫画大賞にて「エンジェルス」が入選した。主な代表作に『マッド★ブル34』(原作・小池一夫)、『X [全文を読む]

『刃牙道』コミックス第1巻発売記念 板垣恵介直筆!「あなたの似顔絵」サイン色紙1名様プレゼントキャンペーン実施!ファン垂涎!5月8日(木)発売の第1巻を買って応募しよう!

@Press / 2014年05月07日09時30分

その後、病による入院を期に自衛隊を除隊し、様々な職を経験しながら漫画家を志す。30歳のとき、漫画原作者・小池一夫の主催する劇画村塾に入塾し、『メイキャッパー』でデビューを果たす。1991年に連載スタートした『グラップラー刃牙』は、『バキ』『範馬刃牙』とシリーズを重ねることで、格闘漫画の新たな地平を切り拓いた。現在は最新シリーズ『刃牙道』を連載中。他の代表作 [全文を読む]

フォーカス