菊間千乃 結婚に関するニュース

水卜麻美アナの熱愛は珍しいケース? 女子アナの結婚相手の傾向

tocana / 2015年07月14日07時00分

ジャニーズと女子アナといえば、2005年に当時フジテレビアナウンサーだった菊間千乃が、未成年であったNEWSの内博貴と飲酒をして問題となった事件が思い出されるくらいである。 「女子アナは激務ですから、どうしても出会いの場は少ない。そのため、自ずと相手が同僚スタッフや仕事で知り合ったタレント、あるいはプロ野球選手といったものに限られてしまいます。ですが、水 [全文を読む]

忽然と消えた女子アナたちはいま!(5)菊間千乃は弁護士、宇田麻衣子は証券アナリストに転身

アサ芸プラス / 2017年03月04日09時59分

菊間千乃(フジテレビ、95年入社)代表番組「めざましテレビ」 あまりにも衝撃だったマンション5階からの落下事故や、未成年ジャニーズ飲酒騒動もあったが、現在は猛勉強の末に弁護士となった。前田有紀(テレビ朝日、03年入社)「やべっちFC」 入社後はバラエティを中心に活躍したが、13年2月、ロンドン留学を理由に退社。その後、花屋勤務を経て、大学時代の同級生と結婚 [全文を読む]

あの「華麗なる転職美女」23人の今(1) 相澤仁美→グラドルバー店員 中野友加里→フジテレビ

アサ芸プラス / 2012年02月28日10時54分

一方、周囲を驚かせたのが、元フジテレビの菊間千乃アナ(39)。女子アナから弁護士へ、まさに華麗なる転身だろう。98年には生放送中の転落事故、7年前にジャニーズ事務所の未成年タレントとの飲酒問題で謹慎処分を受け、その後、弁護士資格の収得を決意し、07年に退社した。テレビ制作会社の関係者が話す。 「1年半前に2度目の司法試験で合格して、今年1月からフジテレビ [全文を読む]

女子アナがお色気路線に走った黄金期、振り返ればフジがいた!

週プレNEWS / 2015年05月28日06時00分

「1994年に『めざましテレビ』がスタートして、初代MCの八木亜希子アナだけではなくリポーターを務めた小島奈津子アナや菊間千乃アナにもファンが急増。早朝にもかかわらず、彼女たちのロケ先に大勢の男性ファンが駆けつけるほどだったと聞いています」 また、夜のスポーツ番組はフジテレビの『プロ野球ニュース』が全盛期。1988年に中井美穂アナが局の女子アナとして初め [全文を読む]

下平さやか 震災チャリティーに巨人・長野愛用の首輪を出品

NEWSポストセブン / 2012年11月24日07時00分

※『メルマガNEWSポストセブンVol.41』 【関連ニュース】菊間千乃と下平さやか輩出した早大ゼミにマスコミ志望者殺到テレ朝新人久冨アナ 次に報ステ・古館一郎の隣に座るとの噂実力派女子アナ揃いのテレ朝で「ヤバイ!」存在の赤江珠緒女子アナ採用更に狭き門に 正社員採用よりフリーに頼る風潮下平さやかアナ 巨人・長野と半同棲も手綱は締めていると記者 [全文を読む]

高島彩、長野智子、雨宮塔子台頭 女子アナ30歳定年説は古い

NEWSポストセブン / 2017年02月09日07時00分

フジを退社した菊間千乃さん(44)の“弁護士でキャスター”復帰もあり得るのではないでしょうか」 「女子アナ30歳定年」なんて今は昔。夜の報道番組はアラフォーの“熟女子アナ”の時代か。 ※週刊ポスト2017年2月17日号 [全文を読む]

芸能界ピンチヒッター裏・物語(5)

アサ芸プラス / 2012年04月02日11時00分

05年7月に元女子アナの菊間千乃(40)が当時未成年だったジャニーズの内博貴(25)との飲酒で謹慎を受けた際には「こたえてちょーだい!」に代理出演。05年には内田恭子(35)の代理で「タモリのジャポニカロゴス」、07年には同期の戸部洋子アナ(31)に代わって「わかってちょーだい!」、産休に入った女優・本上まなみ(36)に代わって「ザ・ベストハウス123」 [全文を読む]

フォーカス