【江尻良文の快説・怪説】広島“突発性乱高下症”に悩む 開幕から低迷→11連勝!→交流戦でエンスト

夕刊フジ / 2019年6月15日 17時10分

昨季までセ・リーグ3連覇の広島が、今季は“突発性乱高下症”に苦しんでいる。14日の楽天戦(楽天パーク)で2-11の大敗を喫し、同日現在、交流戦は2勝7敗1分けで12球団中単独最下位。セ・リーグ首位の座も風前のともしびとなっている。2年連続リーグMVPの丸がFAで巨人に流出した今季は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング