巨人、繰り返される継投失敗…デラロサ、マシソン連日炎上

夕刊フジ / 2019年7月24日 17時10分

巨人が23日のヤクルト戦(京セラ)で、あわや今季ワースト試合を土俵際で回避。3連戦の初戦に5-0の完勝ムードから追いつかれる展開は、2カード連続の失態だ。今季ワーストタイの4連敗で迎えた、絶対に負けられない一戦。10勝、防御率2・14ともリーグトップの山口俊投手(32)が先発し4回まで無安打の快投を見せた。打線も組み替えが効いて初回に4点先制。4回にも1点を追加し理想的な試合運びとなった。3点差の8回も続投した山口が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング