阪神・メッセンジャー“号泣”引退会見の舞台裏 若虎を育てた“ボヤキ節” 藤浪に送った最後のメッセージは…

夕刊フジ / 2019年9月19日 16時50分

阪神のランディ・メッセンジャー投手(38)が18日に兵庫県西宮市内のホテルで引退会見を開き、「体が悲鳴をあげており、限界かなと思っている」と涙ながらに語った。阪神在籍10年間で積み上げた7度の2ケタ勝利&1474奪三振の輝かしい成績は立派の一言。投手陣の大黒柱としてチームを支え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング