【江尻良文の快説・怪説】選手会は「FA取得期間短縮」忘れるな 現役ドラフト優先は本末転倒

夕刊フジ / 2019年12月6日 17時15分

5日、大阪市内のホテルで労組・日本プロ野球選手会(炭谷銀仁朗会長=巨人)が定期総会を開催。出場機会の少ない選手の他球団移籍を認める「現役選手ドラフト制度」の来季導入実現を求めることが再確認された。が、肝心要の「FA資格取得期間短縮」を忘れていないか。日本ハム・有原が、契約更改交渉で来オフにポスティングでのメジャー移籍を球団側に希望した。今オフの広島・菊池、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング