阪神・藤浪“四面楚歌” 球団内の数少ない擁護派もとうとうサジ投げ

夕刊フジ / 2020年6月1日 17時15分

3月に大人数で会食後、プロ野球界初の新型コロナウイルスに感染者となり、大騒動の主役になった阪神・藤浪晋太郎投手(26)。汚名返上のはずが、今度は練習に遅刻という大失態。球団内の数少ない擁護派もとうとうサジを投げた。その判断を誰も非情とは言わないだろう。藤浪は5月28日に甲子園で行われた集合練習に遅刻。矢野燿大監督(51)はすぐさま話し合い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング