“四球病”巨人・沢村の存在理由 「あかん…」登板と同時にSNSでファンが不安の声

夕刊フジ / 2020年7月2日 17時0分

1日のDeNA戦(東京ドーム)の終盤、G党にとって悪夢となった惨劇。演出したのはリリーフ陣のリーダーだった。1点リードの8回。4番手で沢村拓一投手(32)が登板すると、SNS上には「あかん…」「先頭四球だけはやめてくれ」などとファンの不安の声があふれた。果たして予感は的中。先頭の代打乙坂に四球を与え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング