大谷翔平“大荒れ”7四球 1年10カ月ぶり実戦マウンドも…投手復帰に不安

夕刊フジ / 2020年7月8日 17時20分

右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建術(トミー・ジョン手術)でリハビリを続けていたエンゼルスの大谷翔平投手(26)が、7日(日本時間8日)、エンゼルスタジアムで行われているキャンプで紅白戦に登板した。実戦登板は18年9月2日のアストロズ戦以来、約1年10カ月ぶり。心配された右肘のコンディションは問題なかったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング