【有本香の以読制毒】「『桜を見る会』追及ごっこ」国会の惨状…東アジア動乱期を迎える中、問われる安倍政権の「真価」

夕刊フジ / 2019年11月22日 17時11分

東アジアはいま、動乱期を迎えている。最も衝撃的なところから挙げると、香港はすでに内戦状態だと言って過言でない。1997年の香港返還時、自由で豊かで、面白い街だった香港が、約20年後に「天安門」化すると予想した日本人がどれほどいたことか。筆者と筆者の周囲は、当時から香港の行く末を悲観的に見る「少数派」集団ではあったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング