結婚式にもコロナの影 延期か予定通りか、けんかして破断のケースも 「キャンセル料」訴訟も激増か

夕刊フジ / 2020年4月3日 17時16分

新型コロナウイルス感染の影響で、カップルが挙式を行うかどうかでもめた末に結婚自体が破談になる“コロナ離婚”が起きていることが分かった。数百万円規模の多額のキャンセル料を求められる例もあり、訴訟も続発する可能性があると専門家は予測する。あるカップルは3月下旬に都内の最高級ホテルで結婚式を予定していた。ところが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング