【朝日新聞研究】コロナ問題でも「安倍政権批判」展開 朝日新聞にこそあてはまる?「国家意識・民族意識」の喪失

夕刊フジ / 2020年4月9日 17時31分

朝日新聞は、新型コロナウイルス問題に関して多くの社説を出しているが、その中心は安倍晋三政権に対する批判であるといえる。中でも代表的なものが3月2日の「安倍政権の日本不信の広がりを恐れる」と題する長文の社説で、安倍首相による学校の一斉休校の要望に際して書かれたものである。まず冒頭で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング