「コロナ特需」のウーバーイーツ 配達員の増加で事故や交通トラブル相次ぐ

夕刊フジ / 2020年6月4日 17時16分

新型コロナウイルス感染拡大で思わぬ特需となったのが飲食店のデリバリーを手がける「ウーバーイーツ」だ。契約店が急増し、配達可能エリアも全国に拡大しつつある。四角いバッグを背負った自転車の配達員を目にする機会が増えるなかで、事故や交通トラブルも相次いでいる。ウーバーイーツ事業を手がける米配車大手ウーバー・テクノロジーズの日本法人は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング