【お金は知っている】自動車とセメントでみると「マイナス成長」の中国

夕刊フジ / 2019年7月20日 17時17分

中国政府の発表によると、今年4~6月期の実質国内総生産(GDP)の前年同期比は6・2%増で、2008年のリーマン・ショック後の2009年1~3月期の同6・4%を下回った。メディアは中国の不況ぶりを伝えるが、待てよ、6%台成長で景気が悪いのか。中国の経済成長率は大嘘なのか。拙論は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング