【お金は知っている】国際円買い投機の「実弾」は日銀が供給するのか 消費税率10%の引き上げによるデフレ圧力から…

夕刊フジ / 2019年8月19日 17時7分

米中貿易戦争が激化し、景気の先行き不安が高まる中で、政府は10月には消費税率10%への引き上げによって、わざわざデフレ圧力を呼び込もうとしている。本欄の前回では消費税増税が引き起こすデフレが円高の元凶であり、円高はさらなるデフレ圧力をもたらすと論じた。円買いとは、言うまでもないがカネの取引であり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング