消費増税に伴って導入される軽減税率が、消費者を混乱させている。飲食品の場合、原則として店内飲食か持ち帰りかで税率は異なるのが、コンビニのイートインや映画館、牛丼チェーンのテークアウトなど、各社によって対応も異なる。経済ジャーナリストの荻原博子氏が、10月以降の「正しい買い物術」を伝授した。「映画見る人はポップコーンが8%で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング