「本当に住みやすい街大賞2020」1位はなぜか「川口」 「発展性」が高評価…不動産価格の割安感や都心へのアクセスの良さも要因

夕刊フジ / 2019年12月16日 17時8分

■関西では「まさか尼崎」「住みたい街」といえば関東では吉祥寺や恵比寿、関西では西宮や神戸などが上位に来るが、実際の生活を考えて選んだ「本当に住みやすい街大賞2020」で1位になったのは埼玉県の「川口」だった。一方、2018年の関西版では兵庫県の「尼崎」がトップだった。それぞれどんな点が評価されたのか。賞を発表したのは大手住宅ローン会社の「アルヒ」。発展性や住環境、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング