【お金は知っている】米vsイラン戦争回避も…予断許さない石油供給 日銀“異次元”金融緩和に中東不安の「冷や水」

夕刊フジ / 2020年1月17日 17時17分

米国とイランがひとまず戦争回避に動いたことで原油、株式市場とも落ち着きを見せているが、予断を許さない。石油輸出国のイラクやリビアなどの政情が不安定でいつ石油供給に異変が起きるか分からないからだ。巨額のカネがだぶつく現代では、石油市場と金融市場の逆相関度が極めて高い。ニューヨークの原油先物市場の取引規模はニューヨーク株式市場の200分の1にしか過ぎない。ほんの少しだけでも金融市場から流れ出たカネが原油投機に向かえば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング