マンション投資トラブル 「サブリース契約」打ち切りで破産目前の被害者続出 審査書類を改竄…無職の人にも物件販売

夕刊フジ / 2020年1月24日 17時17分

固定の家賃収入が保証される「サブリース契約」を誘い文句に投資用マンションを購入したが、2年以内に契約が打ち切られるトラブルが東京都内のある不動産会社で相次いでいる。源泉徴収票の年収を水増ししたり、勤務先をでっち上げるなどして住宅ローンを手掛ける同一の金融機関と信販会社の審査を通し、無職や低所得の人にも物件を販売していたといい、集団訴訟の動きもある。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング