【令和を変える!関西の発想力】「麒麟がくる」放送休止でも“秘伝”で盛り上がる滋賀県大津市・西教寺

夕刊フジ / 2020年7月6日 17時17分

コロナ自粛期間が終わり、ようやく都道府県を跨(また)いだ移動が可能になりました。観光業も動き出し、京都や軽井沢など人気観光地では活気が戻り始めています。ただ、ちょっと複雑なのが、京都、岐阜、滋賀の1府2県に及ぶNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀ゆかりの地。待ちに待った観光再開とともに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング