【マンション業界の秘密】2019年、不動産大暴落はあるか!? 予断許さない米中貿易戦争

夕刊フジ / 2018年12月10日 16時52分

この時期になるとさまざまなメディアから「来年のマンション市場はどうなりますか」というコメントや原稿を求められる。このコラムでも書いてきたとおり、消費増税が本当に行われれば、それ以降の景気後退で不動産市場も下落に転じる。そもそも、これまでが上がり過ぎたのだ。現状、市場を見渡すとまばらな様相を呈している。マンション市場とはあまりシンクロしない賃貸オフィス市場がやや逼迫(ひっぱく)している。特に東京・渋谷周辺では空室が見つからない状態だという。マンション市場は新築も中古も停滞感が蔓延(まんえん)している。売り物ばかり多くて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング