GDP2期連続プラス 菅長官、増税方針への影響「全くない」 専門家は「まだ延期論消えていない」

夕刊フジ / 2019年5月20日 17時7分

内閣府が20日発表した今年1~3月期の実質国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は前期比0・5%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は2・1%増となり、2四半期連続のプラス成長だった。輸入の減少が計算上GDPを押し上げ、公共投資も増えたが、個人消費や企業の設備投資は低調で、10月の消費増税への懸念は依然強い。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング