沢尻エリカ、薬物所持も尿鑑定「シロ」 弁護団に“無罪請負人”加わり逆襲か 元マトリ課長「否認に転じれば難しい捜査」

夕刊フジ / 2019年11月22日 16時48分

合成麻薬MDMAの所持容疑で女優、沢尻エリカ容疑者(33)が逮捕された事件が急展開だ。尿からはMDMAを含む違法薬物の成分が検出されず、弁護団に「無罪請負人」の異名を取る河津博史弁護士が加わった。警視庁の今後の捜査や、起訴された場合の公判にも少なからぬ影響が出てきそうだ。警視庁は沢尻容疑者の自宅から粉末状のMDMA0・09グラムを含むカプセルを押収。沢尻容疑者は「私のものに間違いありません」と所持を認め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング