生で聴けない!?平成のヒット曲 オリコン発表も解散、逮捕など問題

夕刊フジ / 2019年4月15日 17時8分

オリコンが発表した平成の30年間でもっとも売れたシングルは、SMAPの「世界に一つだけの花」だった。実はこれだけ売れた曲なのに、上位陣はもう生で聴くことができない可能性の高い曲ばかりなのだ。◇「世界に一つだけの花」は平成に発売されたシングルで唯一300万枚を突破し、312・8万枚を記録している。2位はサザンオールスターズ最大のヒット曲となった「TSUNAMI」で293・6万枚。3位は「おかあさんといっしょ」からのヒットとなった「だんご3兄弟」で291・8万枚だ。「1位は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング