【織田哲郎 あれからこれから Vol.14】死を考えた中3の夏…好きな曲に救われた “自分で死んだりしては絶対にいけない”と確信

夕刊フジ / 2019年4月15日 17時8分

★(14)高知の寮に入ってから最初の数カ月、とにかくみんなの高知弁のグルーブに入っていけず、寮でも学校でも、実際はそんなはずはないのですが、心象風景としては周囲のみんなが常に半径5メートルくらい離れて遠巻きに見ているという感覚でした。私の中身も英国で発症した“中二病”が悪化し本人は論理的な思考をしているつもりでも、脳内が完全にねじれて視野狭窄に陥っていました。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング