写真

国連内のシンポジウムで、韓国の歴史捏造(ねつぞう)が暴かれた=スイス・ジュネーブ(夕刊フジ)

いわゆる「元徴用工」裁判の原告側は、国際世論を味方につけるべく国連への働きかけを開始した。座視すれば彼らの思いのままとなる。私が所属する「国際歴史論戦研究所」では6月末、代表団をスイス・ジュネーブの国連欧州本部に派遣し、国連人権理事会の場で徴用工問題をめぐり韓国に反撃した。主要派遣メンバーは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング