【緊迫する世界】「ボルトン氏解任」で世界の流れに変化…金正恩氏は安堵か すべての外交が「損得だけ」になり…世界ますます混迷、安倍政権はどう動く?

夕刊フジ / 2019年9月21日 17時16分

9月10日、ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、ドナルド・トランプ大統領に解任された。その直後、世界の流れは変わった。ホワイトハウスの政治力学も大きく変わった。喜んだのは3人だ、トランプ氏の娘婿で、「イスラエルの代理人」と言われるジャレッド・クシュナー大統領上級顧問と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング