ベストセラー「反日種族主義」著者が激白!「文政権が続く限り、日韓関係の好転は期待できない」

夕刊フジ / 2019年11月22日 17時11分

日本統治や慰安婦問題、徴用工問題などの定説に反論し、韓国や日本でベストセラーになっている『反日種族主義』(文藝春秋)の編著者、ソウル大学名誉教授の李栄薫(イ・ヨンフン)氏が緊急来日した。夕刊フジの単独インタビューで、韓国を「嘘の国」と断じ、「嘘の歴史」に便乗して日韓関係を破壊し、米韓同盟の解体に突き進むように見える文政権を「非現実的」と批判した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング