文政権“裏切り”を日米警戒 GSOMIA維持したが… 米朝対立再燃、文大統領のブレーンは「中国乗り換え」示唆

夕刊フジ / 2019年12月11日 17時11分

朝鮮半島の緊張が再び高まってきた。北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)のエンジン燃焼実験とみられる「重大実験」を行ったことを受け、今後、核実験やICBM発射の再開が危険視されるのだ。国連安全保障理事会は11日午後(日本時間12日午前)から、北朝鮮問題について緊急会合を開く。半島有事の影響を最も受ける韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権としては、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング