写真

大原浩氏(夕刊フジ)

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長周辺の緊張感は極限状態か。米特殊部隊の「斬首作戦」動画が公開後、イラン革命防衛隊のガーセム・ソレイマニ司令官が殺害された。国際投資アナリストの大原浩氏は、北朝鮮が「クーデター封じ」に血道を上げているとみる。◇正恩氏は「クリスマスプレゼントを楽しみにしていろよな!」とトランプ大統領に妄言を吐いたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング