中国・習近平主席に重大局面! 新型肺炎「武漢肺炎」が拡大の一途…懸念される隠蔽体質

夕刊フジ / 2020年1月21日 17時11分

中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、4人目の死者が確認された。中国当局は発症者が218人とするが、患者数が1700人超という英研究チームの推計もある。習近平国家主席は「予防、制圧」を指示したが、24日から旧正月「春節」を控え、さらなる拡大も懸念される重大事態だ。◇中国政府は20日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング