「新型肺炎」1・24日本拡散警戒! 初期対応の失敗と“隠蔽体質”中国が世界にもたらす災厄

夕刊フジ / 2020年1月23日 17時11分

中国・武漢発の新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が止まらない。新たに米国や台湾で患者が確認され、中国国内も発症者が300人を超えたが、氷山の一角とみる研究者も多い。24日からの「春節」でのべ約30億人が中国内外を移動すると予想され、日本でも一気に感染が拡大する恐れもある。中国当局の初期対応の失敗と隠蔽体質が世界に災厄をもたらしている。◇■米国、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング