中国・習近平主席「国賓来日」に暗雲! 新型肺炎が“春節パンデミック”の恐れ…初期段階での対応遅れに批判

夕刊フジ / 2020年1月25日 17時6分

中国湖北省武漢市で発生した、新型コロナウイルスによる肺炎が「パンデミック(感染爆発)」寸前だ。24日朝時点で、中国全土の発症者は計830人、死者は25人となった。日本を含むアジア各国や米国でも発症者が確認されており、厚労省は同日未明、国内2例目の発症者を確認した。中国当局は「武漢封鎖」という強硬手段に出たが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング