日本企業、中国“全面撤退”も!? 新型肺炎で嫌気…飲食大手「ワタミ」は7店舗閉鎖へ 識者「一気に動く可能性はなきにしもあらず」

夕刊フジ / 2020年2月14日 17時11分

中国で新型肺炎「COVID(コビッド)-19」の感染爆発状態が止まらない。13日朝の時点で、中国での感染者が1万4840人増えて計6万人に迫り、死者は計1355人となった。武漢市をはじめ各都市が封鎖され、工場の操業停止が続くなか、中国撤退を決断したり代替生産を検討に入る日系企業も出てきた。感染が収まっても中国経済が成長軌道に戻るのかも疑問視されており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング