【ここまで進んだ最新治療】難治性の血液がんに効く「キムリア」が保険適用 自身のリンパ球を使用する免疫治療「CAR-T細胞療法」

夕刊フジ / 2019年6月26日 17時11分

今年5月、製薬大手ノバルティスファーマが製造販売する「キムリア」という新しい免疫治療の製品が保険適用になった。公定価格(薬価)は過去最高額の3349万円。その免疫治療とは「CAR-T(カーティ)細胞療法」と呼ばれるもの。対象は、血液がんの一種の「B細胞性急性リンパ芽球性白血病」(25歳以下)と「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」のうち、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング