【続・長生きは本当に幸せか?】日本で究極の選択「安楽死」は可能なのか 橋田壽賀子さんのエッセーが波紋

夕刊フジ / 2019年8月24日 17時11分

日本では、安楽死について議論はされていても、法制化されて認められる可能性は、いまのところ皆無です。現在、「尊厳死」は認められています。とはいえ、ぎりぎりなんとか認められているという状況です。状況次第では、医師が「殺人幇助(ほうじょ)」の罪に問われる可能性があるからです。3年前、脚本家の橋田壽賀子さん(94)が「私は安楽死で逝きたい」というエッセーを『文藝春秋』(2016年12月号)に書き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング