【“口腔の虚弱”オーラルフレイルを防ぎ要介護を遠ざける】加齢とともに低下する「食べる機能」をどう保つ? 4段階で進行する「オーラルフレイル」予防

夕刊フジ / 2019年10月16日 17時16分

高齢期歯科医療では、80歳で自分の歯が20本以上ある状態を目指す「8020運動」が30年に渡り続けられてきた。近年では新たに「オーラルフレイル」という状態を防ぐ、次なる目標も加わった。どんな取り組みが行われているのか。4回にわたってリポートする。「8020運動」は1989年から当時の厚生省と日本歯科医師会によって推進されてきた。当初の達成率は1割にも満たなかったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング