【ここまで進んだ最新治療】単純ヘルペスの新しい再発治療「PIT」 再発の兆候を感じたら自ら判断し服用

夕刊フジ / 2019年11月13日 17時12分

口の周りに水疱(すいほう)ができる「口唇ヘルペス」や、性器やその周囲に水疱ができる「性器ヘルペス」を引き起こす「単純ヘルペスウイルス」。一度感染するとウイルスは体内の神経節に潜伏し、かぜや過労、ストレスなどで免疫力が低下したときに再発を繰り返すのが特徴だ。治療は、これまで皮膚症状(水疱)が出てから抗ウイルス薬が処方され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング