【今から始めよう!70代まで働く健康術】加齢に伴いリスク高まる「サルコペニア肥満」 椅子スクワットや1日30分の速歩が効果的

夕刊フジ / 2019年11月20日 17時11分

年を重ねて運動習慣がおろそかになると、筋肉量の減少と体脂肪増加がダブルパンチとなり「サルコペニア肥満」のリスクが高まる。第40回日本肥満学会の座長を今月務め、サルコペニア肥満に関するさまざまな診断・治療・研究を行っている千葉大学大学院医学研究院内分泌代謝・血液・老年内科学の横手幸太郎教授が解説する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング