【今から始めよう!70代まで働く健康術】“腹八分目”のカロリー制限! 長寿の秘訣は「ほどほどに食べて体を動かす」

夕刊フジ / 2019年12月5日 17時11分

人間の寿命は、最長でも120歳程度までといわれる。人生100年時代といっても限界はある。細胞の持って生まれた宿命だ。しかし、寿命を延ばすのは難しくても、100歳超えで元気に働くことは、可能になるかもしれない。「長年、私たちは早老症の研究に取り組んでおり、iPS細胞を用いた新たな研究に着手しています。病気の解明と治療法の発展はもとより、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング