訪日客が買い占め? 新型肺炎拡大で日本製「マスク危機」も ユニチャームは24時間操業に

夕刊フジ / 2020年1月23日 17時11分

新型肺炎の拡大が続くなか、24日から始まる「春節」で訪日客が殺到するとみられるのが高機能な日本製マスクだ。衛生用品大手のユニ・チャームは、厚生労働省が日本国内での新型肺炎感染者を発表した翌日の17日から、マスク増産のため、国内の複数の工場の操業を日中の「2交代制」から、24時間の「3交代制」に移行させた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング