【ここまで進んだ最新治療】切除できない膵がんに「ナノナイフ」 専門家「化学療法の併用でIII期でも治る可能性」

夕刊フジ / 2020年4月2日 17時16分

膵(すい)がんは進行が速く、完治を目的とする手術ができる病期(0~II期)で見つかるケースは全体の20~30%でしかない。遠隔転移はないが隣接する主要血管の周りに浸潤して手術できない局所進行がん(III期)や、遠隔転移がある進行がん(IV期)では、通常、化学放射線療法や化学療法が行われる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング