【ここまで進んだ最新治療】薄毛治療、医療用LEDで毛乳頭細胞を刺激! 1回1500円で6~7割に改善効果

夕刊フジ / 2020年7月8日 17時11分

美容医療の分野では、医療用LED(発光ダイオード)の光を皮膚に照射して「ニキビ」や「しわ」、「くすみ」などを改善させる治療法が行われてきた。しかし、近年では「脱毛症(薄毛)」の治療にも応用されるようになってきた。用いられるのは、非常に狭い波長領域(ナローバンド)の赤色LEDの光。専用の機器を使って頭部を囲うように照射するのだ。毛髪にどのような作用をもたらすのか。マウスを使った実験で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング