写真

突然、耐え難い眠気に襲われる睡眠発作が特徴だ(夕刊フジ)

★(5)夜の睡眠はとれているのに、日中に強い眠気が生じ居眠りをしてしまう「過眠症」。その代表格が通称「居眠り病」と呼ばれる「ナルコレプシー」だ。国内の有病率は600人に1人程度とされ、初発は10代前半がピーク。しかし、学生時代は単なる寝不足だと思っていて、社会人になって仕事に支障が出て受診するケースが多い。ナルコレプシーで起こる居眠りの特徴を、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング